カテゴリー「Comic」の727件の記事

2020.07.28

約束のネバーランド 第19巻

The_promised_neverland19

 集英社からリリースされた、白井カイウ(原作)・出水ぽすか(作画) "約束のネバーランド" 第19巻

 次巻で最終巻らしいっス。

 っつーことで、これはその直前なので、オチに向かって怒涛の展開が繰り広げられます。

 広げた風呂敷を丁寧に閉じきれないのか、ラスボス化したピーター・ラートリーの咬ませ犬感や、唐突なレイウィスやイザベラの再登場は主人公たちの言動の輪郭をはっきりさせるためだけに登場した感があって、レイウィスやイザベラ目線で見ると、ちょっと背景の設定には強引な感じがしなくもないです。

 とはいえ、これまでのジャンプ作品にあったような人気作の連載をダラダラと続けさせるようなことにはしない点で、そこそこ面白かった作品として語り継がれていきそうはいきそう。

 あとアニメ化とか映画化とかで懲りてないようで、帯に海外ドラマ化の文字が躍ってるんですが、大丈夫ですか!?。

| | Comments (0)

2020.07.09

機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 第4巻

Gundam_thunderbolt_gaiden4

 小学館からリリースされた、太田垣康男 "機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝" 第4巻

 プロモデラーとのコラボが話題の「外伝」シリーズの第4巻。

 「戦闘糧食」、「The Color Of Memories」、「男と女」の三篇。

 「戦闘~」は、サラミス艦内の食量班の話。

 武器ではない形で祖国に貢献する姿を描く、裏方仕事ファン垂涎のショート・ストーリー!!。

 「The Color~」は、狙撃兵の過去のオンナの記憶を巡るハード・ボイルド(っぽい!?)作品。

 で最後の「男と女」は、待望のガンタンクがメイン・マシンとして描かれる、待ってましたのニッチ作。

 子供のときから不自由さしか感じない、何とも味のあるデザインがたまらんオリジナル機を上回る性能の改良機が、これまた性能的には適任とはいえない任務に就くとこが、これまた良い!!。

| | Comments (0)

2020.07.08

空母いぶき Great Game 第1巻

Kuubo_ibuki_great_game1

 小学館からリリースされた、かわぐちかいじ "空母いぶき Great Game" 第1巻

 前シリーズの「尖閣諸島編」(?)が終了して、本シリーズは昨今覇権争いに熱が帯びる「北極海編」(?)。

 日本が対峙するのは中国に続いてロシアです。

 本シリーズではアメリカも出しゃばってきたので、もちっと話の展開が複雑になる予感…。

| | Comments (0)

2020.07.07

空母いぶき 第13巻

Kuubo_ibuki13

 小学館からリリースされた、かわぐちかいじ "空母いぶき" 第13巻

 もっと長く続くかと思った本連載も、意外やあっけなく最終巻を迎えました。

 扱うテーマが微妙なだけに、実際の中国が本作のオチのようにマイルドにふるまうのかを想像すると、結構これはファンタジーで終わった感があります。

 と同時に、この程度の落とし方はそれはそれで正解な気がする分、なんだかもやっとするところも残りますが、コンパクトに13巻で終わったことを鑑みると絶妙なバランスで終えられたともいえそうです。

 同時リリースの新シリーズもあるので、次よ、次!!。

| | Comments (0)

2020.06.04

キン肉マン 第71巻

Kinnikuman71

 集英社からリリースされた、ゆでたまご "キン肉マン" 第71巻

 オメガ・グロリアスとフルメタル・ジャケッツの対戦(続き)です。

 前巻ではオメガマン・アリステラの過去と能力の秘密が判明し、そのことに起因して「オメガケンタウリの六鎗客」とのタッグマッチが始まった訳ですが、ソルジャーを始め「運命の王子たち」までが参戦してきた理由が本巻で明かされます。

 そしてブロッケンJr.が咬ませ犬で終わらずに試合が終わった途端、大魔王サタンが登場!!。

 ザ・マンを抹殺するために実体化までして参戦してきました。

 と、そこへ名乗りを上げたのがジャスティスマン。

 タッグマッチから一転、サタンとジャスティスマンの一騎打ちが始まりました!!。

 ここ最近、試合が間延び気味なのが気になりますが、入れ代わり立ち代わりにこれまで登場してきた超人たちがそれなりに納得な理由で参戦する話の構成はなかなかによくできていますので、この危ういバランスが崩れないことを切に願います。

| | Comments (0)

2020.06.03

14days アメリカ横断 -我ら夫婦ふたり旅

14days_americaoudan

 産業編集センターからリリースされた、山本あり "14days アメリカ横断 -我ら夫婦ふたり旅"

 漫画家/イラストレーターである山本ありちゃんの新作。

 以前に本人らからの概況を肴に飲んだこともあったと思いますが、それをこうも面白おかしくまとめてくれると、既聴感ゼロで楽しめました(笑)。

 単に、あれした、こうした、どうした、って話よりも、その時々で何をどう思ったかなどの生々しい感情は、読み手に臨場感を生むので、新型コロナ禍で小旅行すらままならないご時世でこうしたテーマのコミック・エッセイを読む楽しさは格別なものがありました。

 我々夫婦もこれまで、2~3週間旅行と言えば、メキシコ~N.Y.、ペルー~N.Y.、トルコ、ギリシア、イタリア~マルタを敢行してきたので、また行きたい気持ちがうずいてきました(笑)。

| | Comments (0)

2020.05.08

人形の国 第6巻

Ningyo_no_kuni6

 講談社からリリースされた、弐瓶勉 "人形の国" 第6巻

 とうとうリベドア帝国の皇帝スオウニチコが登場!!。

 皇帝の命を狙う、主人公のエスロー一味とカジワン率いる真地底教会の三つ巴戦が開始されます。

 それぞれの主要キャラの登場まではそれなりに丁寧に描かれたりもしますが、いざ戦闘が始まってみると瞬時に終わります(笑)。

 この超高速ぶりが弐瓶先生独特の戦闘の臨場感と話の進み具合のテンポの良さにつながっています。

 加えて主人公一味に新キャラのワサブが仲間入り。

 一見すると本作の確信に迫っているようにも見えるのですが、(良い意味で)まだ先が見えません(笑)。

| | Comments (0)

2020.04.17

ジョジョリオン 第23巻

Jojolion23

 集英社からリリースされた、荒木飛呂彦 "ジョジョリオン" 第23巻

 「新ロカカカ」を巡る攻防が佳境に入ってきた感が強烈に押し寄せてくる巻でした!!。

 それまで自分の過去を探るという己のことで頭が一杯だったジョジョ・シリーズの主人公らしからぬ主人公の定助が、病院でのバトルで追い詰められた末に再会したホリィさんから、第五部のギャングから学んだジョルノよろしくな愛情と信頼を、第三部の承太郎よろしくな母親を救うという強い使命感と決意を得たことで、早速「オラオラオラ」もさく裂する程の覚悟を決めた主人公らしい主人公に覚醒!!。

 何を読まされているのかよくわからなくなっていた本シリーズですが、ようやくクライマックスに向けて面白くなってきました(遅ッ!!)。

 次巻が久しぶりに楽しみ!!。

| | Comments (0)

2020.04.03

ドラゴンボール超 第12巻

Dragon_ball_super12  

 集英社からリリースされた、とよたろう "ドラゴンボール超" 第12巻

 いよいよモロ軍団と「地球の戦士達」の対決!!。

 餃子とヤムチャも参戦とはオールド・ファンも涙がちょちょ切れるじゃぁ~ないっスか!?。

 サイヤ人編ではサイバイマンに、人造人間編では19号に、あっちゅー間にやられてしまい、咬ませ犬キャラが板についていたヤムチャは本編ではしっかりモロ軍団3人をやっつけて活躍しています!!。

 本巻の主題である「メルスの正体」は天使でしたぁ、ウィスの弟という設定の。

 あと、ナメック星編で登場したザーボンと同じ種族の囚人キャラがベジータと戦うのも、ファン泣かせの演出。

 

| | Comments (0)

2020.03.21

キン肉マン 第70巻

Kinnikuman70

 集英社からリリースされた、ゆでたまご "キン肉マン" 第70巻

 オメガ・グロリアスとフルメタル・ジャケッツの対戦(続き)です。

 咬ませ犬キャラが板についているブロッケンJr.が善戦以上の活躍をします。

 劇中で、あのなつかしの殺人遊戯コンビ(スクリュー・キッドとケンダマン)によるモースト・デンジャラス・コンビ(ブロッケンJr.とウルフマン)時代のトラウマを克服するところなんかは涙がちょちょ切れます(笑)。

 オメガマン・アリステラの過去や能力の秘密も明らかになり、決着は次巻に持ち越し。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧