カテゴリー「CD (Stadio)」の110件の記事

2020.01.16

Sweet Magic

Sweet_magic

 2015年にP-Vine Recordsからリリースされた、Lee McDonald "Sweet Magic"。

 同レーベルの人気シリーズ、「Diggers Groove」から。

 Rare 33 Inc.の橋本真志氏によるナイスな解説が掲載されたライナー・ノーツ入り。

 タイトル曲も捨てがたいですが、やはり本アルバム収録曲の中で特に不動の人気カヴァー曲、03と05がお勧め。

 前者は、Carpentersの名バラード、"We've Only Just Begun"をファンキー・ソウル然とした大胆なアレンジで聴かせる名曲。

 後者は、Ecstacy, Passion & Painのディスコ・ヒット、"I'll Do Anything For You"をモダン・ソウルにアレンジした名曲。

 これら二曲は、先月にリリースされたMuro "Diggin' Groove Diggers -Unlimited Rare Groove"にも収録されています。

 さらにはオリジナルのアルバム収録曲に加え、その前後にリリースされたシングル曲などを含む全7曲(09~15)が特典的に収録されている豪華仕様。

 単なる再発ではなく、思わず手に取って聴きたくなるお得盤!!。

01. "Sweet Magic"
02. "Slow Down"
03. "We've Only Just Begun"
04. "Let's Play Luck"
05. "I'll Do Anything For You"
06. "Show Me"
07. "Gotta Get Home"
08. "Sweet Magic (Instrumental)"
09. "Memories"
10. "Little Things"
11. "I Still Believe In You"
12. "Center Of My Life"
13. "Toys"
14. "Call To Worship"
15. "More Of Me"

| | Comments (0)

2020.01.11

誤人奇途

Misleading

 2017年にAvex Taiwanからリリースされた呂士軒 "誤人奇途"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 2008年に呂士軒、張伍、史今によって結成された違法(SmashRegz)の呂士軒によるセカンド・ソロ・アルバムがこれ。

 前作"戲劇話"から二年ぶり。

 画像だと分かりにくいですが、下の黒い部分が帯のような別パーツの箱になっていて、本体も同じような硬さの厚紙で結構な立体ぶりな造形となっている特殊ジャケットになっています。

 顔の周辺とサングラスはくり抜きなっていて、中に挿入されている歌詞カード(全10曲の歌詞+クレジットの全11枚の、正に歌詞「カード」になっていて、それぞれがポートレートと両面印刷になってる!!)の写真がコラージュされているようなヴィジュアルになっています。

 サウンドは結構、ポップ/キャッチーとテクニカル/ハーコーを行き来するようなカラフルな出来で、如何にも大手産な出来。

 今時、セルアウトなんて定義もあいまいになっているんで、こういう聴きやすさって大事なんだと思います。

01. "新鮮鱒魚"
02. "孬種走了"
03. "狐群狗黨" (Feat. 剃刀, 乾乾, & J.Sheon)
04. "正在塞" (Feat. Van Ness & 吳建豪)
05. "I Don't Bird U"
06. "灑小朋友" (Feat. 阿達)
07. "Who怕Who"
08. "幫忙症"
09. "98"
10. "超人回來了"

| | Comments (0)

2020.01.10

#ChillChillAllGood

Chillchillallgood

 2019年にRock Recordsからリリースされた、許時 (ShiShr) "#ChillChillAllGood"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 なんだか詳しくはよぉ~分かりませんが、世の中の無常について色々と思うところがあるようで、彼自身やその周りの環境にとって自然体でいることが大事だと説いた内容のようです。

01. "Water" (Feat. BR)
02. "22k Magic"
03. "輕鬆帥"
04. "走馬看花"
05. "調性不合"
06. "球" (Feat. Bolly)
07. "真的"
08. "Healthy Party" (Feat. Irene)

| | Comments (0)

2020.01.07

Stubborn To The Bone (頑固份子)

Stubborn_to_the_bone  

 2018年に禾廣娯樂からリリースされた、Sa Ker "Stubborn To The Bone (頑固份子)"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 台湾のラップ・バンド、南門音楽でMCを務めてきたSa Kerによるソロ・アルバムが本作。

 前半がトラックのダークさも相俟ってラップの発声がDMXや同時期のZeebraっぽいハーコーな感じなんで聴き始めの期待は高いところから始まりましたが、後半に行くにつれてメロウな感じの曲で占められ、ちょっと拍子抜け。

 最後の曲なんて客演が多いので、イケイケなポッセ・カットかと思ったら、これまたメロウでやんの。

 どこかSnoop Doggっぽいフロウのレイド・バックな雰囲気の奴もいたりとなんだかなぁ。

 ジャケットのそれっぽい感じとかも期待したんだけどなぁ。

01. "Made In Taiwan"
02. "頑固份子"
03. "相信自己"
04. "女朋友的壞習慣" (Feat. Sowut)
05. "如果"
06. "謊言"
07. "雨" (Feat. Xuanny)
08. "過客" (Feat. 柯姿伶)
09. "身邊" (Feat. Chronic)
10. "眷戀"
11. "Autumn Night" (Feat. Skin, Mr. Strike & Chronic)

| | Comments (0)

2020.01.06

Good Luck

Good_luck

 2019年に布萊恩薩普(Brain Zapp Records)からリリースされた、JayRoll "Good Luck"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 当初レーベル所属時にTommyと名乗っていたソロMCのアルバムがこれ。

 日本語歌詞やスーパーマリオの効果音も飛び出す03なんてのは、どこかスチャダラパーの普通の日常をラップするスタイルを想起させます。

 実際には何を唄っているのかは全くもってわかりませんが。

 後半の05~08がぬるい感じのするトラックでちょいとつまらん感じが残念。

 前半は悪くないのになぁ。

01. "Intro"
02. "On Fire"
03. "Gameboy" (Feat. Antarius & Ada)
04. "Hometown Hero"
05. "一百種理由"
06. "鬼島"
07. "Skit"
08. "J.R 蘿琳 (Acoustic Ver.)"

| | Comments (0)

2020.01.05

Solo

Solo

 2018年に好事音樂音楽事業からリリースされたVinida "Solo"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 中国大陸の人気番組"中国新歌声"で注目を浴びた女性ラッパー萬妮達ことVinidaのセカンド・アルバム。

 前作"Vinida"から一年ぶりのお届け。

 見ての通りかなりの美人です。

 日本でいうとAwichな感じでしょうか!?。

 唄も歌えるので、テクニカルでカラフルな作品です。

 昨夏に先行リリースされたリード・シングルでは複雑な心情を吐露したような内容だったらしく賛否を巻き起こしたそうですが、ここ日本には何も聞こえてこないので、それがどういうものだったのかは全くもってわかりません。

 まぁ、何にしても、中国ヒップホップ・シーンの真ん中らへんかその周囲くらいにはいるアーティストなんでしょうかねぇ。

 とにかくも01~08まではそんな心情が綴られていて、09のインタールードで最高潮に達するような構成になっているそう。

 さらに「夜が更けると月が戻り、夜明けが来る」のを暗喩して13で再び立ち上がるみたいな流れの作品、とのこと。

 ふーん…。

01. "FM59.1"
02. "帶你"
03. "Solo"
04. "煎蛋" (Feat. Dough-Boy)
05. "Weekend"
06. "主角"
07. "千金" (Feat. Karencici 林恺伦)
08. "4U"
09. "不死不朽 Immortal (Interlude)"
10. "Me And Myself" (Feat. Ari)
11. "Angel Said" (Feat. Jony J)
12. "Skit"
13. "血月 Blood Moon"

| | Comments (0)

2020.01.04

貓霧仔光

Mao_wu_zai_guang

 2019年にUniversal Music Taiwanからリリースされた、草屯囝仔 "貓霧仔光"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 彼らは台湾中部の南投県草屯鎮出身の阿倉と樞育による男性二人組。

 結成は2009年、見た目からはわかりませんがギャングスタ・ラップに感化され、地道に台湾ヒップホップを広めため活動をしてきたそう。

 台湾語でラップすることに並々ならぬこだわりをもっているらしいッス。

01. "草屯囝仔"
02. "為此時而唱"
03. "愛我你會死 2018" (Feat. 玖壹壹 洋蔥)
04. "東方英雄"
05. "我只想欲安靜"
06. "遙遠的路途"
07. "查埔子"
08. "陷阱江湖"
09. "厭世少年兄" (Feat. 玖壹壹 春風)
10. "當我孤單唱著歌"
11. "阮的所在"

| | Comments (0)

2020.01.03

囝仔

Taipa

 2017年にRock Recordsからリリースされた、Josh Beats, 草屯囝仔 & 臭屁嬰仔 "囝仔"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 プロデューサーのJosh Beatsのもとに台湾を代表する2グループがコラボレーションしたコンピ・アルバム。

 台湾文化とヒップホップの融合を強く意識した彼らの、ある種の集大成的な作品のよう。

 本作は三部構成になっていて、01・07・13は両グループのコラボ曲で、02~06が三人組の臭屁嬰仔の曲で、08~12が二人組の草屯囝仔の曲。

 あとなんか、彼ら計五人のだっさいプロフィール・カードみたいのがオマケで付いてくる(笑)。

01. 草屯囝仔 & 臭屁嬰仔 "臭屁無敵"
02. 臭屁嬰仔 "宜蘭城"
03. 臭屁嬰仔 "挺你到底"
04. 臭屁嬰仔 "感覺怎樣"
05. 臭屁嬰仔 "This Weekend No Party"
06. 臭屁嬰仔 "看按吶再打"
07. 草屯囝仔 & 臭屁嬰仔 "放蕩不羈"
08. 草屯囝仔 "亡命之徒"
09. 草屯囝仔 "阮"
10. 草屯囝仔 "無法無天"
11. 草屯囝仔 "純情賀爾蒙"
12. 草屯囝仔 "浪人"
13. 草屯囝仔 & 臭屁嬰仔 "扛壩子"

| | Comments (0)

2020.01.02

燃燒の饒舌魂 (Fire Up Rap Soul)

Fire_up_rap_soul

 2019年の暮れに亞神音樂娛樂からリリースされた、大支 "燃燒の饒舌魂 (Fire Up Rap Soul)"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 ハード・ロッキンなトラックで肥満について歌う01、今風なトリッキーで複雑なフロウでかますヒップホップ・クリスマス賛歌の02、マイアミ・ベースっぽいエレクトロ風味なトラックの03、ナイスな複雑なヒューマン・ビートボックスをフィーチャーした04、台湾の古い歌のメロディをサンプリングした酔っ払い賛歌(?)の05、台湾ヒップホップ界のレジェンド2名と若手3名によるポッセ・カットの06、香港スタイルの柯蕭とサイケなスタイルの高浩哲、中国語と英語のバイリンガル・スタイルなJayRollを招いたスタイル・ウォーズ(?)なポッセ・カットの07と充実したミニ(?)・アルバム。

01. "胖嘟嘟 (Fat)"
02. "人人過聖誕 (Zen Zen's X'mas)" (Feat. 人人有功練)
03. "脆ㄆ (Trap)" (Feat. 911春風)
04. "偷吃 (Cheat)" (Feat. 異鄉人, BR & Jimix)
05. "喝酒王 (Drinking Champ)" (Feat. 恩熙俊,小人 & 韓森)
06. "新人王 (Rookie Of The Year)" (Feat. 大寶, 范力山, Burger Lin & MC HotDog)
07. "台灣有嘻哈 Remix (Rap Of Taiwan Remix)" (Feat. 柯蕭, 高浩哲 & JayRoll)

| | Comments (0)

2019.12.31

踩.腳.踏.車

By_bicycle

 2011年にKao! Inc.からリリースされた、Softlipa + Shin-Ski "踩.腳.踏.車"。

 "誠品音樂 信義店"での釣果。

 プロデュースは、神戸市尼崎市出身の日本人として知られるShin-Ski氏。

 どういういきさつで台湾のラッパーとコラボレーションしたか知りませんが、一聴して日本人と分かる繊細なトラックで全10曲が構成されています。

 タイトルは、「自転車を漕ぐ」だか「ペダルを踏む」だかの意味があるそうで、まぁ、何にしても「チャリ」を指しているのはジャケット・デザインの通りです。

 見た目は、特殊な紙ジャケであるのはわかりやすいほど滲み出ているんですが、開封するとさらにわかるのが、普通は歌詞カードも兼ねるライナーノーツの冊子が、表ジャケットの裏に一体化していること。

 非常に中身を読みにくくさせています(笑)。

 CDのラベルは、ご想像の通り、「チャリ」のタイヤです。

 台湾語で何を言っているかはわかりませんが、韻を踏みまくっているので、フローは十分に楽しめる逸品。

 06にはタイワニーズ・レゲエ・バンドのMatzka(玛斯卡)も参加しています。

01. "ShinLip (Intro)"
02. "踩.腳.踏.車"
03. "Day By Day (Interlude)"
04. ""噓..."" (Feat. 徐佳瑩)
05. "黃昏濱海 (Interlude)"
06. "聽一首歌" (Feat. Matzka)
07. "MPC, Turntable And Mic (Skit)"
08. "找王A"
09. "未完待續 (Outro)"
10. "Music Is Magic" (Feat. Shinsight Trio)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧