« あさドラ! 第3巻 | Main | Frantic Situation »

2020.03.01

Fat Boys

Fat_boys

 1984年にSutra Recordsからリリースされた、Fat Boys "Fat Boys"。

 プロデュースは、Kurtis Blow。

 Disco 3と名乗っていたPrince Markie Dee、Kool Rock-Ski、Buff Loveからなるトリオが改名してリリースしたデビュー・アルバムがこれ。

 デビューのきっかけは、1983年にコカ・コーラをスポンサーとするTin Pan Apple Recordsとラジオ局のWBLS主催のラップ・コンテストでの優勝。

 その賞品としてSutra Recordsと契約してリリースされました。

 デビュー曲の"Reality"をひっさげ、ヨーロッパ・ツアーに出た際、マネージャー役として同行したTin Pan Apple RecordsのオーナーのCharles Stettlerが、ツアー中に太っていく彼らを「Fat Boys」と呼称したことが改名のきっかけとなったそう。

 Run DMCやWhodiniらとともに、通常のアルバム・サイズの作品を出した初期のヒップホップ・アーティストの内の一組と知られる他、Doug E FreshやBiz MarkieともにメンバーのBuff Loveがヒューマン・ビートボックスの門戸を開いたことでも知られます。

A面
01. "Jail House Rap"
02. "Stick 'Em"
03. "Can You Feel It?"

B面
01. "Fat Boys"
02. "The Place To Be"
03. "Human Beat Box"
04. "Don't You Dog Me"

|

« あさドラ! 第3巻 | Main | Frantic Situation »

Record」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あさドラ! 第3巻 | Main | Frantic Situation »