« They Said It Coundn't Be Done | Main | Brazilian Rhyme »

2020.03.04

約束のネバーランド 第18巻

The_promised_neverland18

 集英社からリリースされた、白井カイウ(原作)・出水ぽすか(作画) "約束のネバーランド" 第18巻

 出荷されてから再登場したノーマンは、クールで凛としている芯のある青年として描かれ、かつどこか暴力的な思想が垣間見える危うさをはらんだ感じでしたが、ウェットな感性の塊の主人公、エマの「本当は弱いんでしょ!?」、「我慢してるんでしょ!?」、「泣いてもいいんだよ!!」みたいなお約束の件で本音も漏らしてしまうノーマン。

 ブルシットでございますぅ~!!。

 そういう展開はいらなかったなぁ。

 続く展開は、奇跡的に復活した女王との最終決戦と、もう一人、この惨劇の裏で暗躍する人物との決戦を予感させるところで終了。

 連載当初から終わらせ時を公言されているようですが、もうここらでちゃんと終わらせてくださませ、先生。

|

« They Said It Coundn't Be Done | Main | Brazilian Rhyme »

Comic」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« They Said It Coundn't Be Done | Main | Brazilian Rhyme »