« Frantic Situation | Main | 約束のネバーランド 第18巻 »

2020.03.03

They Said It Coundn't Be Done

They_said_it_couldnt_be_done

 1985年にElektra Recordsからリリースされた、Grandmaster Flash "They Said It Coundn't Be Done"。

 プロデュースは、Grandmaster FlashとGavin Cristopher。

 Melle MelとFlashの確執があって、結果的にFlashがSugar Hill Recordsを去ってElektra Recordsに移籍して本作を制作。

 The Furious FiveからKidd CreoleとRahiemを連れ、新メンバーのLavonとMr. Broardway、Larry Loveの新体制で勝負をかけたようですが、すでにこの年はRun DMCやDef Jamサウンドがシーンを席巻する時期でもあるので、ある種の時代遅れ感が匂っちゃってる、なんとも中途半端な出来。

 シングル・カットされたA01や、高速エレクトロ・ラップなB04なんてのは、「あら、もったいねぇなぁ」ってな印象。

A面
01. "Girls Love The Way He Spins"
02. "The Joint Jumpin'"
03. "Rock The House"
04. "Jailbait"

B面
01. "Sign Of The Time"
02. "Larry's Dance Theme"
03. "Who's That Lady"
04. "Alternate Groove"
05. "Paradise"

|

« Frantic Situation | Main | 約束のネバーランド 第18巻 »

Record」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Frantic Situation | Main | 約束のネバーランド 第18巻 »