« White Wabbit Records | Main | 誠品音樂 敦南店 »

2019.12.26

誠品音樂 信義店

The_elite_music_xinyi
 台北三日目。

 ホテルのビュッフェにて朝食。

 魯肉飯が街中で食べられる美味しい店のと遜色ない出来にクリビツ。

 と、そんなことは置いておいて、まずは"信義公民會館"という、かつて「四四南村」と呼ばれた軍人村跡へ。

 第二次世界大戦後の国共内戦で移住してきた人々のかつての平屋の住居跡群でしたが、今となってはシャレオツなカフェやらイベント・スペースやらになっています。

 "信義公民會館"から"台北101"へ移動。

 2004年に開業した当時は世界一の超高層建築物(2007年にブルジュ・ハリファに抜かれました)で、台北のシンボルと言っても過言ではないかもしれません。

 とはいえ、展望台に昇る気も起きずで、地下階のフード・コート内にて、昼食 @ "Hawker Chan 台北101店"(2016年にミシュランの星を取得したシンガポールのお店の支店)。

 「單人Set」をオーダー。

 油雞+叉焼を中心に、青菜炒め、茹でブロッコリー、味玉、冬瓜スープのセットになっています。

 叉焼、スープが裏切らない美味しさ。

 真隣の"古南門傳統豆花 台北101店"の「豆花+花生+粉棵」をデザートに(「粉棵」と呼ばれるわらび餅(?)が絶品)。

 続いて、"誠品音樂 信義店"へ。

 Softlipaと大支の旧譜を救出。

 さらに、"松山文創園區(ソンシャン・カルチュラル・アンド・クリエイティブ・パーク)"(「台湾総統府専売局松山タバコ工場」跡地)へ。

 食後の運動がてら、"台北101"から歩いてやってきました。

 前回訪問時と何か大きく変わったということもなく、各種台湾産雑貨を物色して何も買わず…。

 一度ホテルに戻ってお昼寝ならぬお夕寝。

 起きて即、夕食を探しに"臨江街観光夜市(トンホァジエ・イエスー)"へ。

 ミシュランに掲載されたお店もあるとかないとかの割りに、ほぼ地元民のみらしい夜市街。

 "阿香越南小吃"で越式排骨飯(ヴェトナム風パイコー飯)、涼拌酸辣猪肉(豚肉と玉ねぎの酸っぱ辛いサラダ)で一通り食事しました。

 ちょいと物足りなかったので、"御品元傳統手工元宵"で現代風にアップデートされた人気の酒釀芝麻湯圓(胡麻団子入りの甘酒(?))と、名無しの(?)屋台で北京羊肉串 焼烤(鶏屁屁串と羊肉串)、"紅花紅桂香腸"で香腸の「辣味」の「超辣」をテイクアウト。

 ホテルでこれらの肉と飲まず終いでストックしていた缶チューハイで晩酌、胡麻団子で締め。

|

« White Wabbit Records | Main | 誠品音樂 敦南店 »

Record Shop」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« White Wabbit Records | Main | 誠品音樂 敦南店 »